読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神島竜のそう、それが言いたかった

2010年にpixivではじめての処女作、『who are the hero』を投稿する。who are the heroを完結後は小説家になろうに移動。現在、思春期の少年、少女がゾンビたちが蹂躙する日本で戦う『エデンプロジェクト』と、はてなブログでネット小説書籍化本の批評ブログ、『そう、それがいいたかった』を更新中。

誰にでもできる影から助ける魔王討伐 2巻について

 さて、今回紹介する作品はこちら、『誰にでもできる影から助ける魔王討伐』の2巻です。

 

 以前、 1巻も紹介しました。

 

 作品の肝だった勇者、藤堂に対するヘイトが消え、これからどうなるかとおもったんですが。その心配は杞憂でした。

 

 昨今の異世界転生もうええねんの風潮から生まれた一歩引いた立ち位置のアレスの視点はそのままに。今巻からは、藤堂とその仲間たちの視点から描かれる心情の描写が増えましたね。

 

 二組の物語を読みながら、作中で生じているある誤解が、すべてを知っている僕らからみたらおもしろく読めて。いつその誤解が解けるのかというワクワク感がありますね。

 

 そして、今巻の話の中心人物となったグレゴリオレギンスもいいですね。神を妄信し、狂気にかられるサイコパス。彼の言動にも心を惹かれましたが。聖職者でありながらトランクを武器に戦う戦闘スタイルはカッコよかったですよ。

 

 この作者さんは戦闘シーンを書くときに、身体的、精神的状態を密に描写されている方ですから。魔法よりも、接近戦を描写するのが得意なんだなと思いました。

 

 それと、スピカちゃんの活躍も気になりますね。彼女は今回である決断をすることで、僕らを驚かせました。彼女が今後どういった形で藤堂たちと関わるかが楽しみです。

 

 

誰にでもできる影から助ける魔王討伐2

誰にでもできる影から助ける魔王討伐2

 

 

 

誰にでもできる影から助ける魔王討伐

誰にでもできる影から助ける魔王討伐