そう、それが言いたかった

2010年にpixivではじめての処女作、『who are the hero』を投稿する。who are the heroを完結後は小説家になろうに移動。現在、思春期の少年、少女がゾンビたちが蹂躙する日本で戦う『エデンプロジェクト』と、はてなブログでネット小説書籍化本の批評ブログ、『そう、それがいいたかった』を更新中。

『勇者のパーティーで僕だけ二軍⁉︎』の2巻について

 『勇者のパーティーで僕だけ二軍⁉︎』の2巻を読みました。

 

 今回はアビゲイル回。彼女は勇者のパーティーの僧侶勤めているキャラですね。

 

 属性は処女ビッチ。遊んでそうな女の子にみえて、じつは奥手ってのがギャップ萌えってキャラですね。

 

 今巻では、明るく振舞っていた彼女は自分に取り柄がないこと。自分に自信が持てないことに悩んでいて。それを勇者の気まぐれ(!?)によって揺さぶられた彼女に。ある事件がってのが今回の話の筋です。

 

 前巻の時にも言いましたが。僕はこれが『女王の教室』だ説はいまだに捨ててないですよ。もちろん外れてもかまいませんけどね。

 

 勇者はヒール役をやりながらも、まだキャラをそこまで立たせないように描いてるようにも思えますからね。アビゲイルも、一巻と二巻でだいぶキャラの印象が変わりましたからね。彼女のある設定を知ったか知らないかでだいぶ彼女の行動に対する意味合いが変わったように感じました。

 

 そうなると、サラやファナにもなにかしら隠してるのがあって。勇者にも後で一巻、二巻を読み返したくなるような仕掛けをかくしてんじゃないかと思うんですよね。

 

 続刊も追って報告します。

 

 気になった方は下のアマゾンリンクをクリック⁉︎ 

勇者のパーティで、僕だけ二軍!? 2 (ファンタジア文庫)

勇者のパーティで、僕だけ二軍!? 2 (ファンタジア文庫)

 
勇者のパーティで、僕だけ二軍!? (ファンタジア文庫)

勇者のパーティで、僕だけ二軍!? (ファンタジア文庫)

 

 

 

 こちらの記事もオススメだよ! 

kamizimaryu1026.hatenablog.com

 

 僕も小説を書いています! 新時代のゾンビもの! 『エデンプロジェクト』を読むならこちらをクリック!

novel18.syosetu.com