読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神島竜のそう、それが言いたかった

2010年にpixivではじめての処女作、『who are the hero』を投稿する。who are the heroを完結後は小説家になろうに移動。現在、思春期の少年、少女がゾンビたちが蹂躙する日本で戦う『エデンプロジェクト』と、はてなブログでネット小説書籍化本の批評ブログ、『そう、それがいいたかった』を更新中。

食べるだけでレベルアップ! 駄女神といっしょに異世界無双

さて、今回紹介する作品はこちら、『食べるだけでレベルアップ! 駄女神といっしょに異世界無双』です。

あらすじ
「ホントに異世界だな、これ」「アタシを養いなさい!」女神ローラの唯一の信者として、異世界へと召喚された少年ケーマ。彼に与えられたのは、食べたものの経験値・スキルをそのまま獲得できちゃうチートスキルだった!狩った魔物や異世界ならではのグルメを堪能するケーマの美味しい日々は、「ふえぇぇ~!」巨乳だけが取り柄の駄女神をイジったり、「ご恩は、一生忘れませんっ!!」助けたウサ耳娘に懐かれたり、なぜか美味しい思いも特盛りで!?そして気づけば彼は、凶悪な魔物すら鼻歌交じりで蹴散らせるレベルになっていて―。美味しく食べて国士無双な、異世界食べ歩きファンタジー!

ギャグあり、駄女神あり、3人のヒロインで異世界生活をダラダラやる。このすば系の異世界転生ものですね。

スキル無双がいいですね。前紹介した『転生したら剣でした』みたいにさ。森の奥深くに召喚された主人公は食べた魔物の力を吸収する能力で弱いモンスターからじょじょに強いモンスターを狩っていくようすは読んでてワクワクしますね。

んで、この作品の魅力はスキルチートでもあるんですけどね。それを上回る魅力が主人公にベタ惚れ状態のハーレム。もともと作者さんは物理さんで無双してたらモテモテになりましたってタイトルの作品を小説家になろうで書いてたんですけどね。この人、あまりにも作風がエロすぎてアカウントを消されてるんですよ。
今作も作者さんのいい感じのエロがあります。主人公にベタ惚れって感じがいいですね。

web版も書籍版も続きを追っていきます。