読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神島竜のそう、それが言いたかった

2010年にpixivではじめての処女作、『who are the hero』を投稿する。who are the heroを完結後は小説家になろうに移動。現在、思春期の少年、少女がゾンビたちが蹂躙する日本で戦う『エデンプロジェクト』と、はてなブログでネット小説書籍化本の批評ブログ、『そう、それがいいたかった』を更新中。

メッセージのイアンがかわいそすぎる

 今朝さ、観てきたんですよ。メッセージ。

 

 言語学者のルイーズさんがさ。国の要請でさ。数学者のイアンとともにさ。地球に降り立った。謎の飛行物体の中に入って、未知の生命体と対話してさ。なんのために地球に来たのか聞いてやるって話なんですよ。

 

 今回話したいことがさ。完全、ネタバレなとこに食い込むからさ。またみてない人はこの下読まないでください。でっかい空白入れとくので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この映画さ。最初に、じつの娘が死んでしまったってとこからはじまるんですよ。その後でさ、主人公が目覚めて、大学に来たら謎の飛行物体が現れたらしいってニュースをみるんですね。

 

 それからもさ、主人公は宇宙人との対話のシーンの後にさ。娘と楽しく過ごすシーンが流れる。

 

 この流れが自然だからさ。ああ、この人は娘を亡くした後も、大学の講師をしてて。死んだ娘がなにか今後の展開に、関わるのかなって思うやん。

 

  ちがうんだよね。

 

 

 まさかとは思うが、映画を観ずにこの先をよもなんてやつはいないよな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じつはさ、最初の映像は過去の映像でさ。主人公は、宇宙人との対話を通してさ。未来がみえるようになってんだよ。

 ここがさ。心が震える構成なんだよな。なんでもさ。宇宙人の話す言語には過去、現在、未来がなくてさ。それによってさ。未来も過去も同じという概念を学んだ主人公は未来を今の出来事のようにみることができるんだよ。

 

 それでさ。主人公は作中最大の事件、ヤマ場を解決すんだけどさ。そんなことはどうでもいいんだよ。

 

 俺はさ。オタクでコミ症で、わりかし歳いってるの独身で不器用なイアンがさ。かわいそうでしょうがないんだよ‼︎

 

 だってさ〜。未来がみえるルイーズさ。最後にプロポーズされたイアンとさ。抱き合うんだよ。かなり間があったのもつらいんだけどさ。その時の表情のさ。冷たさがつらい!

 

 あのさ、ルイーズはさ。知ってんだよ。イアンとこれから結婚することを。その後子供を産んでさ。イアンとはいつしか別れることもさ。

 

 あれさ、パッとみは夫婦の仲はしだいに冷めて別れちゃったみたいにみえるじゃん。俺さあ、あの最後のルイーズの顔見たらそんなわけねぇなって思ったよ。

 

 ルイーズとイアンがさ。どんな話をしたかは知らんよ。作中でもさ、なんで別れたかは娘に話してる内容から推察するしかないわけだからさ。

 

 話によるとさ。ルイーズには未来が見えてさ。娘が病気で死ぬってことをさ。わりかし後らへんで言ったんでしょう。それでさ、君は残酷だって言ったわけだよ。これさ、娘が死ぬというなんてって意味じゃないと思うんだよ。

 

 そもそもさ。俺のことそんな好きでもなかったってことがさ。ショックだったんだよ。

 

 思い返せばさ。イアンが告白するシーンつらかったよ。

 

  ルイーズさ。これからのことがわかったらどうする? って言うじゃん。するとさ、イアンさ。もっと君に好きと伝えるさ。キリっ、みたいなこと言ったわけじゃないですか。

 

 あの時さ。ルイーズ、苦笑いしてんだよ。こんなこと言ってるけど、この男はわたしと別れるんだよな〜。みたいなさ。微妙な顔すんだよ。

 

 ヒドくない!メッチャヒドくない!  

 

 俺さぁ、エンドロール流れた時立てなかったよ。最後まで見たよ。あんな冷たい表情で終わりはないだろう。なにかしらのフォローあるやろなってさ。思ったんだよ。

 

 ないからね! ふつうにおわっちゃったからね。これで終わり! 俺のこのどうにもならない気持ちどうすんだよってマジ思ったから!

 

 もう、マジつらかった。SF映画でこんな気持ちにさせられるなんて思わなかった。

 

 

 

シンゴジラの上位互換、メッセージを観たよ

 さっきメッセージを観ました。

 

 未知の飛行物体が地球に現れて、言語学者の女性がその飛行物体のなかにいるエイリアンと対話するってはなしです。

 

 かなりおもしろいですよ。

 何気ない映像がじつは大きな伏線になる流れはおって思ったし。船の中と外では重力が違うんだよって表現がさ。映画のなかであったんだけどさ。それがスゴい気持ち悪い。

 

 アニメだったらドラえもん映画でよくみるし。SF映画でも、宇宙でならあったけどさ。ここまで地球と宇宙船の境目を映したのははじめてみました。

 

 こんなシーンなんだよ。

 

 さっきまで地球で、地面を歩いててさ。工事現場にあるような人を運ぶアレでさ。宇宙船のなかの穴の中に入っててさ、彼らが中心に近づくにつれて、無重力に近づいて、壁だったとこが地面になって、その壁を歩くシーンがさ。スゴい気持ち悪いの。

 

 言ってみたら、単純に聞こえるじゃん。ちがうからね! この不安定な気分にされたあの感じはさ。絶対真っ暗な劇場で見ないとわからないから!

 

 あとさ、この映画さ、ストーリーだけみるとシンゴジラなんだよ。ある日、未知の飛行物体が出現してさ。主人公らはテレビで存在を知ってさ。最初はなすすべもないんだけどさ。後で学者を集めてチームを結成してさ。最初はなにもわからないんだけどさ。じょじょにわかってきてさ。ある日、時間内に事件を解決しないと他国の介入で大変になるって時にさ。その飛行物体の残したメッセージの意味がわかって、事件が解決する。

 

 シンゴジラも、メッセージも、そういうはなしなんですよ。

 

 でさ、メッセージはさ。シンゴジラと比べるとメインのキャラは少ないんだけどさ。未知の生命体に対する接し方のさ。国ごとの違いがさ。短いシーンでわかってさ。

 

 ある事件が起きる前のさ。軍の暴走もさ。じつは一人の軍人のさ。家族との電話シーンや、ちょこちょこ映る軍人の表情でさ。日に日に溜まっていくエイリアンに対する恐怖や不満、不安がわかってくんだよね。

 

 あと、最後のさ。主人公とあるキャラが抱き合うシーン。あれさ、怖くない。俺は怖かったよ。

 

 そういう登場人物の演技だったり。細かい小ネタだったりをみるとさ。シンゴジラはここがダメだったってさ。ニコ生で言ってた岡田さんの言いたいことがちょっとわかった気がしました。

 

 

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 

 

 

 

 

 

小説家になろう 書籍化作品ランキング トップファイブ‼︎

 さて、今までたくさんのネット小説の書籍化作品を紹介してきました。しかし、たくさんありすぎて、どれから読んでいいかわからないのが正直なところではないでしょうか。ですので、今回は小説家になろうからオススメの作品をランキング形式で紹介します。その名も、

 

 小説家になろう書籍化作品ランキング!

 

 私的に決めた5位から1位をピックアップ! 

 

5位  悪役令嬢後宮物語

悪役令嬢後宮物語 (アリアンローズ)

悪役令嬢後宮物語 (アリアンローズ)

 

 

 悪役令嬢といったら、まずはこれ! 悪役令嬢に誤解されるお嬢さま、ディアナが、後宮を舞台に悪役をバッタバッタとなぎ倒す! 悪役と誤解される少女がじょじょにその誤解が解け、仲間を増やしていく過程は読んでいてカタルシスを感じます。

 

 

kamizimaryu1026.hatenablog.com

 

4位 自動販売機に生まれ変わった俺は異世界迷宮を彷徨う

自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う (角川スニーカー文庫)

自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う (角川スニーカー文庫)

 

 

 自動販売機オタクの主人公が転生したのは自動販売機! 生き残るためにはお金が必要! 無機物転生であり、スキルチートでもあります。自動販売機の小ネタも充実してるので、へーと言いつつ、バトルも読みたい方にオススメ。

 

 

kamizimaryu1026.hatenablog.com

 

3位 くま、クマ、熊、ベアー

くま クマ 熊 ベアー (PASH!ブックス)

くま クマ 熊 ベアー (PASH!ブックス)

 

 

 

 元ひきこもりMMORPGプレイヤーが異世界に飛ばされた。しかもクマさんの格好の装備で。装備のおかげでつよいけど恥ずかしいよ! 童話を思わせる軽い文体にかわいいクマさん魔法、クマさん装備、クマさんハウスがとにかくいい! かわいい女の子を読みたい人にオススメ!

 

 

kamizimaryu1026.hatenablog.com

 

 

2位 私、能力は平均値でって言ったよね

私、能力は平均値でって言ったよね!  1 (アース・スターノベル)

私、能力は平均値でって言ったよね! 1 (アース・スターノベル)

 

 

 小説家になろうの異世界転生といえばこれ! かわいいアデルちゃんの学園生活はにっこりしちゃう。冒険者マイルとしての活躍もおもしろい!  バトル、ギャグ、女の子が好きならこれでしょ!

 

 

kamizimaryu1026.hatenablog.com

 

1位 居酒屋のぶ

異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)

異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)

 

 

 ファンタジーの世界に突如、日本の居酒屋が出現!異世界グルメはここからはじまった。日本の料理の知識がないファンタジー世界の住人による食べ物の批評の旨さと美味さに舌を巻く。誰が読んでも満足できる一品。読んだらお腹がすいてきます!

 

kamizimaryu1026.hatenablog.com

 

 

 毎年数多くの本が出るネット小説!この機会にぜひ読んでみてください!

 

こちらの記事もオススメです! 

kamizimaryu1026.hatenablog.com

 

 

電撃文庫大賞、86(エイティシックス)のはなし 前半ネタバレ注意!

 さて、今回紹介する作品はこちら、『86ーエイティシックスー』です。

 

あらすじ(公式ホームページからの引用)

 サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。

 

 そう――表向きは。

 

 本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。 

 

 死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。


 二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる――!

 

 いろんな方がこの作品を褒めてて、スゴイと言ってる。なんでかなと思って読んでみたらですね。

 確かにスゴイ。脱帽ですよ。ロボットものとしての戦闘の描写。悲哀さが漂うキャラクターの生きざま。

 

 ただ、かわいそうですねで終わらない。差別の仕組みを語るだけでなく、それに至る心理を描く。作中の差別に憤る読者に向かって、お前も差別してんだよつきつけるストーリーラインのスゴさ。そして、ブログでは語れない驚きのラスト。

 

 今回は文章と中盤の手前までのストーリーのうまさについて語ります。そっから先はぜひ読んでほしいので話しません。

 

ロボットの描写

 最初の数ページで作者の描写力に引きこまれます。緻密で、かつ読者の想像力を信頼した文章を書いています。

 

(書籍からの引用)

ーー節足を模した長い脚部。白茶けた装甲は無数の傷に汚れ、鋏に似た高周波ブレードと背部主砲。全体的なシルエットは徘徊性の蜘蛛、四つ足の背に長い砲身を負う様は蠍のようであり、また人間で言う頭部のないその形状はどこか、無くした己の首を探して戦場を這いずりまわる白骨死体のようでもあった。ーー

 

 蜘蛛、蠍、白骨死体。全体像をしっかり書いた上で、いろんな比喩を多用することで、ロボットがどういう姿をしているのか微妙にボカしている。だから読んでてさ。頭の中のロボットの姿がおどろおどろしく感じてさ。怖いんですよね。

 

 作者さんはさ。これはこうだった。まるまるのようってさ。言い切らないんですよね。なのに頭にぼんやりと陽炎のような夢の中の映像のようなさ。はっきりはしないけどぼやけたものがあたまにのこる。これが気持ちわるくってさ。不安でさ。ついついページをめくるんだよ。

 

 次の文章とかもスゴイんだよ。

 

(書籍からの引用)

ーー 微かにわらう気配がした。

 笑う、ではなかった。どちらかといえば嗤う、に似た。けれどもっとしんと冷えた。

凄絶なまでの鋭利さゆえに目を奪われる、鋭くも危うい氷刃のような。狂気のような。

『ーーいいえ』ーー

 

 これもさ。最後までさ。比喩が連想ゲームのようにつながるんだよ。んでさ。どんな笑顔なんだろうってさ。頭の中ぐるぐる考えてさ。ようやく形になると思ったとこでさ。いいえ、って言って終わるんだよ。つきはなされちゃったよ。すごい気になること言われてさ、電話切られたような気分だった。この描写はさ。太宰治さんの『人間失格』の冒頭並みに気持ち悪い、薄気味悪さが漂う良い文なんだよ。

 

あなたも差別をしている

 今回の作品の前半のさ。表向きのテーマがさ。共和国による86への差別。人として扱われていない彼らをパイロットにすることで、有人機である機体を無人機として戦場に出す。

 

 主人公のレーナはそんな86を監視、管理をする指揮官の立場に立つ人でさ。彼らとは通信機を介しての会話をしているんですね。

 

 レーナはさ。ある経験からさ。自分は86を対等な人間として扱おう。86を家畜として扱うなんて間違っている、と考えています。

 

 でもさ、これが偽善だと、86から言われるんだよね。これは意外でもないんだけどさ。その時にさ、言われることがさ。そう来たかって、ビックリするんだよね。

 

 その辺、ボカして言うとさ、レーナが無意識にやってたあることが、86にとっては差別的な扱いだったってはなしなんだけどさ。

 

 あのシーンさ。パッと見はさ。ズートピアでウサギの警官が記者会見で差別的な発言をしてしまったシーンみたいにさ。だれしもが無意識に差別してるってはなしだと思うんだけどさ。じつはさ、それはミスリードでさ。86の言うお前は偽善って言葉はさ。レーナだけでなく。そのレーナを通して86をみている僕らに向けて言ってるんですよ。

 

 僕らはさ。いろんな文化や人種差別のある世界のなかでさ。一番良識のある人間にさ。感情移入してさ。その世界で間違った非常識をもった人間にさ。優越感を抱いたりする。

 

 これさ、異世界転生ではよくありますよね。エルフだったり、ドワーフだったりが差別されてる時。異世界転生した主人公がこんなの間違ってると憤り、そんな彼に僕らはそうだそうだと感情移入する。

 

 その時さ。僕らは差別に怒るというよりも。差別をしている人間を自分より劣った人間だと見下げてるんですよ。

 

 作中のレーナもそういうとこありますよね。

 

 でさ、この感情をさ。面白さになっている作品の一つにさ。挙げれるのがキノの旅じゃないかと思うんですよ。

 

 キノの旅ってさ。少年っぽさをもった中性的な女の子、キノがさ。いろんな国を旅してさ。その国の問題に対して、解決したり、諦観したりするはなしなんだけどさ。

 

 あれ読むときのさ。国の人のはなしを読むときってさ。こいつらってバカだよなってさ。見下げる読み方をさ。ついしちゃう時がさ。俺らにあると思うんだよ。

 

 なぜ言い切れるかと言えば、キノの旅が寓話とミリタリーをくっつけてしまった。ガリヴァー旅行記みたいにさ。キノが訪れる国ってのはさ。僕らの身近ななにかをキャラ化したり記号化したものでさ。どうしても、コイツは愚かだって思っちゃう方向に頭が動いちゃうんだよ。

 

 キノの旅の作者さんもさ。この作品が旅を通して、一人の少女が世界の美しさを見る話じゃなく。なんでも関連づけ、考察するスノッブなヤツがさ。キノの視点でこいつらバカだよなって読んじゃう寓話として読まれることを危惧してだと思うんだよ。あとがきの悪ふざけもさ。新しいことをやりたいって、気持ちもあったんだろうけどさ。作品を権威化したフリをしてさ。人の愚かさや。戦争の愚かさを嘆くフリをしてさ。アイツらバカだよなって思いたい読者を煙に巻きたいって思いもあったんだと思うんだよ。

 

 86たちに、偽善者だと言われたレーナもさ。この読者と同じなんだよ。彼女のさ。通信機を通して、戦場を見るって行為はさ。本を読む俺らと同じことしてんだよね。

 

 キノの旅の作者、時雨沢さんもその辺を含めてさ帯で絶賛してたんじゃないかな。

 

 さて、ながながと話しましたが。じつはまだ前半。後半から衝撃の展開につながっていきます。続きはぜひ読んでみてください。

 

ブログで紹介された本を、今すぐ読むならこちらをクリック!

86―エイティシックス― (電撃文庫)

86―エイティシックス― (電撃文庫)

 
キノの旅 the Beautiful World<キノの旅> (電撃文庫)

キノの旅 the Beautiful World<キノの旅> (電撃文庫)

 
ガリヴァ旅行記(新潮文庫)

ガリヴァ旅行記(新潮文庫)

 

 

僕も小説を書いてます。思春期の少年たちがゾンビと戦う! エデンプロジェクトを読むならこちらをクリック!

novel18.syosetu.com

 

 

 

 

チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップの2巻について

 さて、今回紹介するのはこちら、

 『チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ』の2巻です。

 

あらすじ

 前巻で、武闘会の活躍によりAランクの冒険者に就任できた主人公のケイジ。今巻では、ヒロインのミーシャ、盗賊のレナと共にダンジョンの奥深くを目指します。

 

 前巻では、チートな猫に支えられる主人公の努力が目立っていたんですが。2巻からは、ミーシャのチート性。彼女とのラブコメの要素が強くなっています。

 

 理由としては、今までは人の目があったから制限されていた力が、ダンジョンの最深部という主人公たちしかいない状況のため。今まで作中にあったタガが外れたから。ラブコメの要素も、前巻ではネコから人になるまでの話が半分を占めてて。今巻の序盤で、主人公がミーシャを嫁だと公につたえたため、二人の関係が確定したからですね。

 

 そして、主人公たちに大きな目的が提示されました。これも大事ですね。今後、続きを気にならせてくれます。

 

 こちらはネットと書籍、両方の続きを追っていきます。

 

書籍はこちらをクリック! 

チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2 (GAノベル)

チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2 (GAノベル)

 
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 (GAノベル)

チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 (GAノベル)

 

 

ネットでの連載はこちらをクリック

ncode.syosetu.com

 

 僕も小説を書いてます!  思春期の少年たちのゾンビとの戦いを描いたエデンプロジェクトを読むならこちらをクリック! 

 

novel18.syosetu.com

妹さえいればいいの7巻がスゴい

f:id:kamizimaryu1026:20170518010507j:image

 

 さっき、妹さえいればいいの最新刊を読みました。

 

 この作品は『ラノベ部』『僕は友達が少ない』の著者、平坂読さんの作品です。

 

 内容はライトノベル作家である羽島とその周囲を取り巻く人間模様を描いた作品です。

 じつはエロマンガ先生と作風が似てるんですね。こちらもアニメ化が決まってて、今秋放送される予定です。

 

 びっくりしたのがさ、二つ。ついにくっついた二人が○ックス。新キャラ、関ヶ原幽のモデルが作者。

 

 ニャル子さんでも、最終巻にあったわけだけどさ。何も知らずにああいうシーンにはいるとびっくりしちゃうね。そっか、やっちゃうんだってさ。それをやってもいいって流れができてるんでしょうね。つまり、ライトノベルを読んでる僕らがさ、年取っちゃってさ。読者の平均年齢が上がっちゃったからなんだろうね。

 

一回だけじゃなくてさ。四回もあるんだよ。これからもそういうシーンいれてくんだろうなって思いました。

 

 でさ、新キャラの関ヶ原幽さん。このキャラ気になりますよね。彼女は故人でさ。読んでて、けっこう前から伏線を立てていたキャラなんだろうなと思います。

 彼女が亡くなる前に書いた作品は、ネットで、ライトノベルを読まずに判断しているネットの方の批判にさらされていたって書いてあってさ。このへんの描写がさ。『僕は友達が少ない』が連載されてた時のことを思い出しますよね。

 

 不思議なことにさ。エロマンガ先生の伏見つかさも、妹さえいればいいの平坂読さんもさ。前作でネットの炎上を経験しながら書いた作家さんなんですよね。その二人が同じ時期に同じタイミングでライトノベル業界を舞台にした作品を書いた。このへんの関係は気になっているので、伏見つかさ先生の『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』と『エロマンガ先生』を読み終えたら書いてみたいと考えています。

 

 この関ヶ原幽さんはさ。バクマンでいうとこのさ。真城くんの叔父さんにあたるんじゃないかと思うんですよね。

 

 つまり、過去の自分を死者として、平坂読先生は関ヶ原幽さんを出したんじゃないかと思うんですよ。なので、彼女の存在がさ。今後の主人公の行動だったり。ついにくっついた二人の関係に影響を与えるんじゃないかと思うんですよね。

 

 この人、ギャグにみせかけてじつは伏線をちゃんと貼る人ですから。関ヶ原幽さんも今巻だけの特別ゲストではないと思うんですよね。

 

 続刊も追って報告します。

 

 

妹さえいればいい。7 ドラマCD付き限定特装版 (ガガガ文庫 ひ 4-7)

妹さえいればいい。7 ドラマCD付き限定特装版 (ガガガ文庫 ひ 4-7)

 
妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫 ひ 4-7)

妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫 ひ 4-7)

 

 

 僕も小説を書いてます。ゾンビに蹂躙された日本で思春期の少年たちが戦うエデンプロジェクトを読む時はこちらをクリック!

novel18.syosetu.com

アリの巣ダンジョンへようこそ 2巻について

 さて、今回紹介する作品はこちら、『アリの巣ダンジョンへようこそ』の2巻です。

 

 1巻では、悪人ではない冒険者たちがダンジョンにはいったら、絶望のうえで絶滅するって展開が中心でしたが、2巻からは勧善懲悪の要素が入ってきました。

 

 今回、ダンたちはフィリオーネたちの故郷に住む妖精たちを助けるために、ドラゴンと戦いましたね。

 

 これを機に、ゲーム感覚で空間を支配し、人を殺すことで自分たちのテリトリーを発展させるクラッシュオブクラウンのような放置ゲー的面白さから。

 

 大きな化け物を集団の連携で倒すモンハン的面白さに移行したように感じます。

 

 一度、主人公をヒーローにした以上、敵キャラも悪の方向によっていきそうですね。と同時にインフレしていくであろう敵キャラに期待が膨らみます。

 

 続刊が出たら、追って報告します。

 

 

アリの巣ダンジョンへようこそ! (2) (モンスター文庫)

アリの巣ダンジョンへようこそ! (2) (モンスター文庫)

 
アリの巣ダンジョンへようこそ(1) (モンスター文庫)

アリの巣ダンジョンへようこそ(1) (モンスター文庫)

 

 

ncode.syosetu.com